鍼灸Q&A


1、鍼灸は本当に効くのでしょうか?

鍼灸は、三千年以上前から治療の繰り返しによって得た経験・成果を系統化し、現代にまで伝えられてきた伝承医学です。

近年、鍼灸の効くメカニズムが科学的にも研究され、その結果さまざまな生体調節系(鎮痛系・自律神経系・内分泌系・免疫系など)の働きを活発にさせることが明らかになっています。

薬に頼らない、からだにやさしい治療法として、大学病院やクリニックでも積極的に取り入れられています。



2、どのくらいで効果は出るのでしょうか?

急性疾患であれば、1~数回で症状の改善が期待できます。

慢性疾患の場合、発症からの経過が長い分、治療にも時間がかかります。
からだのバランスを根本的に調整していく必要があるので、1・2回で完治することは難しいとお考え下さい。

ただ、すぐに症状が消えない場合でも確実にからだの自然治癒力は高まります。
治療中にお腹が鳴ったり眠たくなったりするのはそのためです。


※治療の頻度は、慢性疾患の場合は週に1~2回、体調管理の場合は月に1~2回が目安です。



3、西洋医学(薬)の併用は可能でしょうか?

基本的には、薬を併用しながら治療を受けていただいて構いません。
東西医学の垣根をこえ、患者さんにとって最良のケアを行うことが大切であると考えています。
ただし、症状により鍼灸のみの治療をお勧めする場合があります。



4、治療時、服を脱がないといけないのでしょうか?

上半身は肩・背中が施術できるように(女性の方は首まわりが緩めのタンクトップ、キャミソールなど)、下半身は膝から下が施術できるようにしてください。
ベッドごとにカーテンで仕切ってありますので、院内で着替えていただくことも可能です。



5、鍼灸治療はいつでも受けることができるのでしょうか?

鍼灸全身治療は、月曜日から土曜日の午後12時30分からの診療となります。
完全予約制ですので、お電話にてご予約していただきますよう、よろしくお願いします。

〈昼の時間帯にご都合がつかない方へ〉
午前中や夕方以降の時間帯でも、できる限り対応させていただいております。
お気軽にご相談ください。



6、治療時間はどのくらいかかりますか?

初診時は問診と施術で90分、2回目以降は60分です。時間はあくまでも目安です。
症状により治療時間は異なりますので、予めご了承ください。

また予約の時間に遅刻されますと、治療に十分な時間を割くことができなくなります。
予約時間の5分ほど前に来ていただき、息を整えられることをおすすめします。



7、治療の前後に注意すべきことはありますか?

治療直前に食事をして満腹状態になるのは避けてください。
最低1時間は間隔を空けていただき、普段より軽めの食事を心がけてください。

また治療直後の激しい運動や入浴は控えてください。
入浴は1~2時間後であれば問題ありません。



その他ご質問があれば、電話・メールでお気軽にご相談ください。